上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
hk4tt2
支笏湖から

ル・ピックを後にして次に向かった先は、東大沼野営場を視察したときに
湖畔でのキャンプに魅力を感じ、とりあえず洞爺湖、支笏湖を目指し出発。

《候補》
1.仲洞爺キャンプ場
温泉も近くにあり、オートサイト・キャンピングカーサイトではワンコも
ok。ただし、キャンピングカーサイトはいまいち隔離されている様子だけど
オートサイトに入れればなかなか良さそう。
2.グリーンステイ洞爺湖
設備や整備の行き届いた高規格キャンプ場。
洞爺湖とキャンプ場の間に道道が通っていて街路樹が植えてあるため、
間近に湖がある環境ではない。
3.洞爺水辺の里・財田キャンプ場
ここも、グリーンステイと同じように水辺といいながら、水辺には
接してないみたい。
4.モラップキャンプ場
水際にテントが張れる絶好のローケーションのキャンプ場
ワンコは大丈夫だが車の乗り入れができない。駐車場は湖畔から
少しは離れたところ。
5.美笛キャンプ場
モラップキャンプ場の対岸のキャンプ場。
水辺まで車を乗り入れる事が出来る理想のキャンプ場。
予約制ではないので混雑状況がわかりずらい。

黒松内IC・黒松内新道を経由して道央道で虻田洞爺湖ICまで。高速道路を
降りるとすぐに大きな旅館やホテルが建ち並ぶ洞爺湖の町にでる。
連休中ということもあり、観光バスや人ですごい賑わい。交通の便も良い場所
なので、キャンプ場ももしかしたら?と考え洞爺湖をパスしてその先の支笏湖に
向かう。目指すはガイドブックに熊のマークの付いている美笛キャンプ場
洞爺湖からしばらく道道を走り、側道に分かれて最後のアプローチは狭い林の中の道。
この先どれくらい道が細くなるか不安だったが、前方よりホビーの2軸トレーラーが
やってきて大丈夫そう。その後何台かとすれ違いまた別の不安が、、、美笛キャンプ場は
当日受付で予約を取らないため、すれ違う人たちが帰る人なのか、引き返してきた人なのか
区別がつかない。そんな不安を持ったまま受付ゲートに到着。まだ入れた。
場内は、シーズン中の海水浴場のように混んでいる。テントの隣にすぐテント。とりあえず
場内を一周して湖畔から1区画内側に入ったところの隙間に車を停める。ここで仕方ないと
諦めて椅子を出しアトムと遊び始めていたら、斜め前の水辺で何やら撤収し始めている。
確認して車を横付け。ベストポジション確保!!
hk4ttl3
目の前に支笏湖。その奥には恵庭岳や樽前山、風不死岳を望む風景は混雑したキャンプ場を
忘れさせ、自分とアトムのプライベートサイトと思わせるぐらい素晴らしかった。
hk4ttl
車の窓越しに見る夕景、星空、朝日がまるで額の中の写真のように映し出され贅沢な時間を
過ごす事ができました。

10月7日(5泊目) 
=美笛キャンプ場=
ロケーション
水辺までテント(車の乗り入れ可)の張れる湖畔のキャンプ場。
混んでいなければ林間側でもまた違った味わいがある。
モラップは西向きで夕日が美しく、美笛は東向きで夜明けの朝が素晴らしいとガイドに
書かれている。目の前に広がる支笏湖、恵庭岳、樽前山。ガイドブックの写真や説明以上に
素晴らしいキャンプ場。
料金
大人1,000円
感想
ここでもう2泊ぐらいしようかとの衝動にかられた反面、もっと他にも良いキャンプ場が
見つかるかもしれないって欲がでてきた。午前中アトムとたっぷり水遊びをしながら
考えた末、名残惜しいけど美笛を後にする事にした。

hk4-01 hk4-02 hk4-03 hk4-04 hk4-05 hk4-06
hk4-07 hk4-08 hk4-09 hk4-10 hk4-11 hk4-12 hk4-13

※アトム事件その1
隣のサイトの若妻から「アトムくんにこれどうぞ」とハムを差し出される。
昼ご飯の準備でちょっと目を離した隙に、食事中だった隣のサイトを襲撃。
厚焼きのハムを食い逃げ。

map3

やっぱり3日連続更新にはならず。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。