上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ttl03
流山温泉キャンプ場から駒ヶ岳

キャンプ旅の大きな利点は宿泊場所や時間に縛られない事。
自由気ままに、好きな時間に移動して、気に入ったところに泊まる。
そんな贅沢がキャンピングカーの旅だと思う。
前置きはこのへんにして、何が言いたいかというと、
『行き当たりばったりの旅』でいつもながらの無計画旅行。
ただ一冊のガイドブックを眺めながら次の行き先を決める

tt04
北海道キャンピングガイド2012 株式会社ギミック発行

フェリーの中で宿泊地を考える。
定刻通り15時40分に函館到着。

10月4日(2泊目)

《条件》
1.日没前に到着できる場所。できれば30分から1時間くらい余裕を見て、
アトムのガス抜きをしたい。
2.お風呂に入りたい(シャワーでも可)
《候補》
1.はこだてオートキャンプ場
最も至近。ワンコはキャンピングカーサイトのみ可。
キャンピングカーサイトは1台6,000円で北海道の中では高額。
2.東大沼野営場
函館近辺では一番ロケーションが良さそう。
車乗り入れ不可なので駐車場利用になる
3.流山温泉キャンプ場
3カ所の中では一番遠いいが敷地内に温泉があるのでここに決定。

=流山温泉キャンプ場=
ロケーション
駒ヶ岳の眺めが最高!
サイトは平坦な芝地で綺麗に手入れされている。
利用者がもう少し多いとキャンプ場らしく見えるが、今回は他に
ソロキャンパーがいただけなので、キャンプ場というより整備の
行き届いた広場という感じ。敷地内には彫刻公園。モニュメントが
飾られた公園とパークゴルフ場。北海道で流行っているのかあちら
こちらで見かけた。それと流山温泉。FBでは中の様子をアップしたが
立派な温泉施設で500円で入浴可能。
料金
カーサイトを利用すると1,500円だが
キャンプ場のご好意でフリーサイト500円で宿泊。
感想
長距離移動後の体に温泉がものすごく気持ちよかった。
JRグループが運営し、函館から1時間弱の場所で初日には
ベストな選択だったと思う。

hk2-09 hk2-10 hk2-11 hk2-12

力尽きたのでこの続きはまた今度。おやすみなさい
Secret

TrackBackURL
→http://baronmagazine.blog104.fc2.com/tb.php/133-24771210
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。